消費者金融のキャッシングは小口融資に向いています

消費者金融のキャッシングは小口のお金を借りるのに適していると言って良いと思います。なぜなら消費者金融のキャッシングには総量規制という規則があり、利用者は年収の3分の1までしか融資が受けられないからです総量規制により年収が400万円のサラリーマンが消費者金融のから借りられるのは約133万円ということになります。

総量規制により133万円まで融資を受けられるとなったとしても実際に受けられる融資額はもっと小さくなります。なぜなら消費者金融各社はそれぞれ独自に借入限度額を設けているからです。正規社員として働いていており年収が400万円ある方の借入限度額は利用する消費者金融により違いはありますが、概ね30万円から50万円と見て間違いはないと思われます。パートやアルバイトなどの非正規雇用で働いている方の借入限度額は更に低くなり最初は10万円程度のようです。

このようなわけで消費者金融のキャッシングは短期の繋ぎ資金として小口の融資を受けるのに適していると言って良いのだと思います。逆の見方をすれば、生活資金としてちょっとお金を借りたいと思う場合は非正規雇用の方ても審査に通りやすく、早く融資の受けられる消費者金融のキャッシングが適していると言えます。

消費者金融からは無利息キャッシングなど利用者にとってメリットの大きいサービスも提供されています。短期間だけ生活資金の不足分を補いたいときなど利用してみると良いと思います。