消費者金融のキャッシングは小口融資に向いています

消費者金融のキャッシングは小口のお金を借りるのに適していると言って良いと思います。なぜなら消費者金融のキャッシングには総量規制という規則があり、利用者は年収の3分の1までしか融資が受けられないからです総量規制により年収が400万円のサラリーマンが消費者金融のから借りられるのは約133万円ということになります。

総量規制により133万円まで融資を受けられるとなったとしても実際に受けられる融資額はもっと小さくなります。なぜなら消費者金融各社はそれぞれ独自に借入限度額を設けているからです。正規社員として働いていており年収が400万円ある方の借入限度額は利用する消費者金融により違いはありますが、概ね30万円から50万円と見て間違いはないと思われます。パートやアルバイトなどの非正規雇用で働いている方の借入限度額は更に低くなり最初は10万円程度のようです。

このようなわけで消費者金融のキャッシングは短期の繋ぎ資金として小口の融資を受けるのに適していると言って良いのだと思います。逆の見方をすれば、生活資金としてちょっとお金を借りたいと思う場合は非正規雇用の方ても審査に通りやすく、早く融資の受けられる消費者金融のキャッシングが適していると言えます。

消費者金融からは無利息キャッシングなど利用者にとってメリットの大きいサービスも提供されています。短期間だけ生活資金の不足分を補いたいときなど利用してみると良いと思います。

カードローンでキャッシング

キャッシングといえばまずイメージするのはやはり消費者金融会社からの借入でしょう、当然銀行と違って消費者金融会社はお金を貸すことを専門とする会社ですから当たり前です。

消費者金融会社からの借入は金利が高く取りたても厳しいといった悪しきイメージが強いと思いますが、最近の消費者金融会社さんの大手はほとんどが都市銀行グループ傘下になっていますので実は経営状態に関してはクリーンであると言えます。

テレビのコマーシャルなどを見てもわかるかと思いますが、最近では大手の消費者金融会社のコマーシャルは好感度のいい女性タレントさんなどを起用して明るいイメージのコマーシャルがほとんどなので見たことがあるという方は多いのではないでしょうか?

このようにキャッシング自体は今や当たりまえのことになってきています。
特に社会人になると突然の出費も多いくなってくると思います。

そんな時に1枚ローンカードを持っていれば近くのコンビニですぐにお金を借りることができますのでいざという時に非常に頼りになります。

借り入れも簡単ですが、最近のキャッシングは返済方法も簡単になっていますので、忙しくて返済が遅れてしまったなどという心配もなくいつでもコンビニATMやインターネットで返済することが可能になっています。

こういったキャッシングの使いやすさからキャッシングに計画性がなくなってしまうという方も増えており、返済が滞ってしまうという人も多いようです。

カードローンなどでキャッシングを利用する場合でもきちんとした返済計画がなければ多重債務などで最悪自己破産などということもありえますので注意しましょう。

即実キャッシングも可能な消費者金融会社もたくさんありますが、いざという時は落ち着いて余裕を持って行動したいものです。
その時に契約すればいいやという気持ちではなく、いつでも対応できるように財布には1枚ローンカードを用意しておくと安心です。カードを作るだけなら借金が増えることはありませんので大丈夫です。